LIFE STYLE DESIGN
Makihara Architects Office
sdg_icon_07_ja_2.JPG

ターゲット

7.1 2030年までに、手頃な価格で信頼性の高い最新のエネルギーサービスへのユニバーサルアクセス        を確保する

7.2  2030年までに、世界のエネルギー構成における再生可能エネルギーの割合を大幅に増やす

7.3  2030年までに、エネルギー効率の世界的な改善率は2倍になる

7.A  2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率、高度でクリーンな化石燃料技術を含むクリ 

       ーンエネルギーの研究と技術へのアクセスを促進し、エネルギーインフラストラクチャーとクリーンエネ

       ルギー技術への投資を促進する国際協力を強化する

7.B 2030年までに、途上国、特に後発開発途上国、小島嶼開発途上国、内陸 開発途上国のすべてに、

      それぞれの支援プログラムに従って、近代的で持続可能なエネルギーサービスを提供するための 

      インフラストラクチャとアップグレード技術を拡大する

7.Affordable and clean energy

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

目標に具体的なターゲットが示されています。

​個々に出来ることを考えていきます。

copyright©2018 MAKIHARA ARCHITECTS OFFICE INC.ALL RIGHTS LEGEND.