LIFE STYLE DESIGN
Makihara Architects Office
sdg_icon_03_ja_2.JPG

3.Good health and well-being

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

目標に具体的なターゲットが示されています。

​個々に出来ることを考えていきます。

ターゲット

3.1  2030年までに、世界の妊産婦死亡率を100,000出生あたり70未満に減らします。

3.2  2030年までに、5歳未満の新生児と子供の予防可能な死亡を終わらせ、すべての国が新生児死亡

  率を少なくとも1,000出生あたり最低12に、5歳未満の死亡率を少なくとも1,000あたり25に減らすこと

  を目指している出生。

3.3  2030年までに、エイズ、結核、マラリア、放置された熱帯病の流行を終わらせ、肝炎、水媒介性

  疾患、その他の伝染病と闘う。

3.4  2030年までに、予防と治療により非感染性疾患による早期死亡を3分の1削減し、メンタルヘルスと

  幸福を促進します。

3.5 麻薬による薬物乱用やアルコールの有害な使用を含む薬物乱用の予防と治療を強化する。

3.6  2020年までに、道路交通事故による世界的な死亡者数と負傷者数を半減させます。

3.7  2030年までに、家族計画、情報と教育、およびリプロダクティブヘルスの国家戦略とプログラムへの

  統合を含む、性的およびリプロダクティブヘルスケアサービスへの普遍的なアクセスを確保します。

3.8 金融リスク保護、質の高い必須医療サービスへのアクセス、すべての人にとって安全で効果的で質

  の高い手頃な価格の不可欠な医薬品およびワクチンへのアクセスを含む、普遍的な健康保険を達

  成する。

3.9  2030年までに、有害な化学物質、空気、水、土壌の汚染と汚染による死亡者と病気の数を大幅に減

  らします。

3.A 必要に応じて、すべての国におけるタバコ規制に関する世界保健機関フレームワーク条約の実施を

  強化する。

3.B  TRIPS協定と公衆衛生に関するドーハ宣言に従い、主に開発途上国に影響を与える伝染性および

  非伝染性疾患のワクチンと医薬品の研究開発を支援し、手頃な価格の必須医薬品とワクチンへのア

  クセスを提供します。発展途上国が公衆衛生を保護するための柔軟性に関する知的財産権の貿易

  関連の側面に関する協定の条項を最大限に使用する権利、特にすべての人に医薬品へのアクセス

  を提供する権利。

3.C 発展途上国、特に後発開発途上国および小島developing開発途上国において、健康への資金提供

  と健康労働力の採用、開発、トレーニングおよび維持を実質的に増加させる。

3.D 国家および世界の健康リスクの早期警告、リスク低減、管理のために、すべての国、特に発展途上

  国の能力を強化する。

copyright©2018 MAKIHARA ARCHITECTS OFFICE INC.ALL RIGHTS LEGEND.