LIFE STYLE DESIGN
Makihara Architects Office
sdg_icon_11_ja_2.JPG

11.Sustainable cities and communities

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ自読可能にする

目標に具体的なターゲットが示されています。

​個々に出来ることを考えていきます。

ターゲット

11.1  2030年までに、適切で安全で手頃な価格の住宅と基本的なサービスへのアクセスを確保し、スラムを

         アップグレードする

11.2  2030年までに、すべての人々に安全で手頃な価格のアクセス可能な持続可能な交通システムへの

         アクセスを提供し、特に公共交通機関を拡大することにより、特に脆弱な状況にある人々、女性、子供、

         障害者、および高齢者のニーズに注意を払い、交通安全を改善する人

11.3  2030年までに、包括的で持続可能な都市化と、すべての国での参加型で統合された持続可能な人間

         居住計画と管理のための能力を強化する

11.4 世界の文化遺産と自然遺産を保護するための取り組みを強化する

11.5  2030年までに、死者数と影響を受ける人々の数を大幅に減らし、水関連災害を含む災害によって引き

         起こされた世界の国内総生産と比較して直接的な経済的損失を大幅に減らし、貧困層と脆弱な人々の

         保護に焦点を当てます状況

11.6  2030年までに、大気質や地方自治体やその他の廃棄物管理に特別な注意を払うなどして、都市の1人

         当たりの環境への悪影響を軽減する

11.7  2030年までに、特に女性と子供、高齢者、障害者のために、安全で包括的でアクセス可能な緑と公共

         スペースへの普遍的なアクセスを提供する

11.A  国および地域の開発計画を強化することにより、都市、都市周辺および農村地域間の経済的、社会的

         および環境的な前向きなつながりを サポート

11.B  2020年までに、統合、資源効率、気候変動への緩和と適応、災害への回復力、および仙台フレームワーク

         に沿った開発と実施に向けた統合ポリシーと計画を採用および実施する都市と人間の居住地の数を大幅

         に増やす災害リスク削減のために2015-2030、すべてのレベルでの包括的な災害リスク管理

11.C  地元の資材を利用して持続可能で弾力性のある建物を建設する際に、財政的および技術的支援を含む

         後発開発途上国を 支援

copyright©2018 MAKIHARA ARCHITECTS OFFICE INC.ALL RIGHTS LEGEND.