LIFE STYLE DESIGN
Makihara Architects Office
sdg_icon_12_ja_2.JPG

12.Responsible consumption and  production

自読可能な消費と生産のパターンを確保する

目標に具体的なターゲットが示されています。

​個々に出来ることを考えていきます。

ターゲット

12.1 開発途上国の開発と能力を考慮し、先進国が主導し、持続可能な消費と生産に関するプログラムの

        10年間の枠組みを実施する

12.2  2030年までに、天然資源の持続可能な管理と効率的な利用を達成する

12.3 2030年までに、小売および消費者レベルで1人あたりの世界的な食品廃棄物を半減させ、収穫後

        の損失を含む、生産およびサプライチェーンに沿った食品の損失を削減する

12.4  2020年までに、合意された国際的な枠組みに従って、化学物質とすべての廃棄物の環境に配慮

         した管理をライフサイクル全体で達成し、人の健康と環境への悪影響を最小限に抑えるために、

         大気、水、土壌への放出を大幅に削減する

12.5  2030年までに、防止、削減、リサイクル、再利用により廃棄物の発生を大幅に削減する

12.6 企業、特に大企業および多国籍企業に、持続可能な慣行を採用し、持続可能性に関する情報を

        報告サイクルに統合することを奨励する

12.7 国の政策と優先事項に従って、持続可能な持続可能な調達慣行を推進する

12.8  2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発と自然と調和したライフスタイルに関する

         適切な情報と意識を持つようにする

12.A 開発途上国が消費と生産のより持続可能なパターンに向かって進むための科学技術能力を強化

        するよう支援する

12.B 雇用を創出し、地域の文化や製品を促進する持続可能な観光への持続可能な開発の影響を監視

         するためのツールを開発して実装する

12.C 国の状況に応じて、市場のゆがみを取り除くことにより、無駄な消費を促進する非効率的な化石

         燃料補助金を合理化します。開発途上国の特定のニーズと条件、および貧困層と影響を受ける

         コミュニティを保護する方法で、開発への起こり得る悪影響を最小限に抑える

copyright©2018 MAKIHARA ARCHITECTS OFFICE INC.ALL RIGHTS LEGEND.